スポンサーリンク

【徳島】第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺

第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺 未分類
  • 弁慶の力石
  • 弘法大師が掘った「黄金井」
  • 護摩堂の天井画
  • 次の4番札所・大日寺まで、約6.5km
  • ひとつ前の2番札所・極楽寺まで、約2.7km
スポンサーリンク

金泉寺とは

その昔、弘法大師が水不足で困っているこの人々に、井戸を掘ったことから「金泉寺」と改名され、現在の建物は1582年(天正10年)に焼失後に再建されたものです。

掘られた井戸は、今でも「黄金地蔵・黄金の井戸」として祀られていて、井戸の水面に自分の姿が映れば長生きし、映らないと3年以内に亡くなると言い伝えられています。

源義経が源平合戦の屋島に向かう途中に寄ったとされ、境内には家来の弁慶が力試しをした、力石が今も残っています。

本尊真言

のうまくさんまんだ ぼだなん ばく
出典:Wikipedia

ご詠歌

極楽の たからの池を おもえただ こがねの泉 澄みたたえたる
出典:Wikipedia

スポンサーリンク

金泉寺の情報

名称第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺
宗派高野山真言宗
本尊釈迦如来
住所〒779-0105 徳島県板野郡板野町大寺字亀山下66
電話088-672-1087
駐車場普通14台・大型3台・無料
宿坊なし
公式HPなし
スポンサーリンク

地図


まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所・徳島の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました