【高知】第26番札所 龍頭山 光明院 金剛頂寺

高知の金剛頂寺は、平城天皇の勅願で、大同二年(807)に弘法大師が創建。

当初は、金剛定寺という名前でしたが、後に金剛頂寺に変更されました。

弘法大師が、3合3勺のお米を炊いたら、万倍に増えたと伝えられる、「一粒万倍の釜」が境内に残されています。

霊宝殿には、数多くの重要文化財がおさめられていて、県の天然記念物のヤッコソウが自生していたり、「癌封じのツバキ」がある事でも知られられています。

金剛頂寺の情報

名称第26番札所 龍頭山 光明院 金剛頂寺
宗派真言宗豊山派
本尊薬師如来
住所〒781-7108 高知県室戸市元乙523
電話0887-23-0026
駐車場普通車20台/200円・マイクロバス3台/400円・大型車3台/1,000円
宿坊あり(約100人)
公式HPなし

地図


まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所・高知の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました