スポンサーリンク

【高知】第39番札所 赤亀山 寺山院 延光寺

延光寺は、聖武天皇の勅願により行基菩薩が薬師如来像を安置して開基したお寺で、高知県の最後の札所になります。

その後、弘法大師が訪れて、日光・月光の両脇侍を安置し、四国八十八箇所霊場の第39番札所としました。

水不足に頭を抱える村民を見た大師が、錫杖で地面を突くと水が湧き出て来て、人々を救ったと伝えられています。

眼病にご利益があることから、「目洗い井戸」と呼ばれ、今でも本堂のそばの井戸から湧き出ています。

境内には、延喜十年(911)の銘がある梵鐘があり、県内最古のものとして、国の重要文化財に指定されています。

一説によると、赤い亀が竜宮城から持ち帰ったものだそうです。

スポンサーリンク

延光寺の情報

名称第39番札所 赤亀山 寺山院 延光寺
宗派真言宗智山派
本尊薬師如来
住所〒788-0782 高知県宿毛市平田町中山390
電話0880-66-0225
駐車場あり(無料)
宿坊なし
公式HPなし
スポンサーリンク

地図


まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所・高知の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました