スポンサーリンク

【愛媛】第52番札所 瀧雲山 護持院 太山寺

暴風雨に襲われた船の船員が、観音菩薩に助けを求め祈ったところ、光に導かれ命が助かったそうです。

あとで、光が発していた山に登ると、十一面観音像が祀られているのを見つけ、一夜で御堂を建てたのが愛媛の太山寺の縁起。

天平十一年(739)に、聖武天皇の勅願で、行基が十一面観世音像を彫り、胎内に真野長者が発見した小さな仏像を納め本尊にしました。

現在、本堂には七体の十一面観音像が安置されていて、60年に1度開帳される、国の重要文化財です。

本堂は鎌倉時代に建てられて、四国八十八箇所霊場の中で、二番目に古く国宝に指定されています。

駐車場から本堂へは、急な坂道を登るのでご注意を。

スポンサーリンク

太山寺の情報

名称第52番札所 瀧雲山 護持院 太山寺
宗派真言宗智山派
本尊十一面観世音菩薩
住所〒799-2662 愛媛県松山市太山寺町1730
電話089-978-0329
駐車場あり(無料)
宿坊なし
公式HPなし
スポンサーリンク

地図


まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所・愛媛の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました