【愛媛】第43番札所 源光山 円手院 明石寺

愛媛県の明石寺は、欽明天皇の勅願により創寺され、弘法大師により再築されました。

源頼朝が、命の恩人の池禅尼の弔うために、阿弥陀如来像を安置し、権現堂と五輪宝塔の経塚を築いたのがはじまりです。

そして、山号を「源光山」と改めたとされています。

唐破風の屋根が特徴的な本堂をはじめ、仁王門や大師堂など、8つの建物が登録有形文化財に指定されていて、大師堂の近くに、隣合わせで仲良く生えている夫婦杉があります。

明石寺の情報

名称第43番札所 源光山 円手院 明石寺
宗派天台寺門宗
本尊千手観世音菩薩
住所〒797-0007 愛媛県西予市宇和町明石205
電話0894-62-0032
駐車場あり(無料)※大型バス・中型バス1000円・マイクロバス500円
宿坊なし
公式HPなし

地図


まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所・愛媛の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました