【愛媛】第40番札所 平城山 薬師院 観自在寺

観自在寺は、愛媛県に入って1番最初の札所。

1番札所の霊山寺(徳島県)から、最も遠い距離にあるので、「四国霊場の裏関所」と言われている。

平城天皇の勅願所として、弘法大師によって建てられた。(大同二年・807年)

「薬子の乱」で、罪に追われた平城天皇の、出家した際に剃髪した遺髪が、五輪塔に納められている。

寛永15年(1648)、京都・大覚寺の空性法親王が、四国を巡拝した時に、観自在寺に宿泊され、「薬師院」の称号を与えられた。

仁王門の美しい天井絵や、ぽっくり地蔵なども見どころ。

観自在寺の情報

第40番札所 平城山 薬師院 観自在寺
宗派:真言宗大覚寺派
本尊:薬師如来
住所:〒798-4110 愛媛県宇和郡愛南町御荘平城2253-1
電話:0895-72-0416
駐車場:あり (山門下:普通車15台、小学校前:普通車5台)
宿坊:あり(20人・要予約)※素泊まりのみ
公式HP:http://www.kanjizaiji.com/

地図

まとめ一覧へ 四国八十八ヶ所霊場・愛媛の札所

コメント

タイトルとURLをコピーしました